男性に多い性病の種類と症状

男性に多い性病の第一位はクラミジアです。
これは女性にもある性病なのですが女性の場合とは違いあまり自覚症状がないのが特徴です。
排尿の時に不快感や痒みを感じる程度になります。
また陰茎から分泌物が出る場合もあるのです。
そのまま放置していますと前立腺炎や副睾丸炎になります副睾丸炎は陰嚢に痛みを感じる病気ですのでここで初めてクラミジアの事が発覚するのです。
また前立腺炎はあまり自覚症状のない病気ですが残尿感が出るなどの不都合があります。
そして男性の性病でクラミジアの次に多いのが淋病です。
こちらは自覚症状がはっきりとしており睾丸に痛みを感じたり陰茎から黄色い膿が出ます。
また肛門の周囲に自覚症状が出る場合もあり排便時に痛みを感じたり血尿が出る場合もあるのです。
実は淋病はオーラルセックスでも感染することがありますので喉に淋病が発症することもあります。ただ性器の場合とは違いあまり自覚症状が出ない事が多いのです。
あと梅毒も男性がかかる性病ですが、こちらは性器に赤いマメのようなしこりができます、さらに進んでいくと食欲不振やけだるさや発熱などの体の不調が出てきます。
また進んでいくと内臓にこぶができてしまい、目や脳に障害をきたし痴呆症状も出てしまいます。
実際にはここまで進行する事はないのですがあまりにも放置していますと死に至る病であることは自覚しなければいけません。
治療法が確立されているため今では不治の病ではありませんが少しでも不調があればすぐに検査をしてもらいましょう。
どの病気もそのまま放置していますと知らずのうちにパートナーに感染させてしまいますので一刻も早く治療しなければいけません。
性病の検査をして病気が発覚しますと治療を行います。
早期発見をすれば早く完治しますしパートナーにも安心です。